動画をカットするフリーソフト

日本語に対応している動画トリミングソフトをご紹介します。動画を分割したり不要な部分を削除するには、Freemake Video Converterをご利用ください。素早く簡単に動画を切り取り、任意の形式で保存できます。500種類のマルチメディアフォーマットをサポートします。非常に使いやすいので、初心者の方でもすぐに取り組めることができます。しかも、無料で使うことができます。
今すぐダウンロード
簡単な指示:
1. Freemakeをインストールします
2. 動画を追加します
3. 動画をトリミングします
4. 出力ファイルの設定を選択します
5. 変更を保存します

動画をカットする方法

1

Freemakeをインストールします

動画カットソフトをダウンロードするには、ここをクリックしてください。Freemakeインストーラをダブルクリックして、ブラウザからインストールプロセスを開始することができます。インストールファイルはシステムのロケールを検出し、そのロケールに対応する言語テンプレートをインストールします。表示されるインストーラウィンドウで別の言語を選択できます。ソフトのインストールを完了するには、次の手順に従ってください。

デフォルトでは、アプリケーションはCドライブのProgram Filesフォルダにインストールされます。[次へ]をクリックして、このプロセスを完了します。このフリーウェアは、Windows Vista/7/8/8.1/10バージョンで動作します。
2

動画を追加します

インストールが完了するとすぐにフリーソフトが実行されます。「ビデオ」ボタンを使用して、トリミングしたい動画を追加します。ファイルをドラッグアンドドロップすることもできます。

もう1つの方法は、メニューの[ファイル]をクリックし、[ビデオ]をクリックし、短くしたいクリップを選択することです。任意のファイル拡張子(MP4、FLV、AVI、WMV、DVDなど)を追加できます。
3

動画をトリミングします

ムービーがソフトに追加されたら、はさみボタンを押して編集フォームを開きます。動画のトリミングするには、編集画面の下部にある青色のハサミの3つのボタンを使用します。左ボタンを使用して切り取りをしたい部分の始まりをマークし、右ボタンをクリックして部分の終わりを設定します。最後に、中央のボタンをクリックして不要な部分をカットします。同じ方法で他の場面を切り抜きできます。

結果に満足したら、「OK」ボタンをクリックします。
4

出力ファイルの設定を選択します

プログラムウィンドウの下部には、異なる出力形式の丸いボタンがあります。パソコンの通常のメディア形式、またはポータブルデバイス用の特定の形式(MP4や3GPなど)を選択します。必要な出力形式をクリックします。新しいウィンドウで、デバイスまたは必要な動画画質(Ultra HD、HDなど)を選択します。
5

変更を保存します

設定が完了したら、保存先のフォルダを選択します。ファイルをハードドライブ、外付けハードディスク、またはオンラインクラウドサービスに保存できます。次に、変換ボタンを押して動画の一部を切り出します。VLCや他のマルチメディアプレイヤーでファイルを再生します。

変換せずにムービーを切り抜くことはできません。そうしないと変更は適用されません。

Freemakeソフトウェアを使用して動画回転させ、動画結合することもできます。