MP4をAVIに変換する
フリーソフト

簡単かつ無料でMP4をAVIに変換できるソフトを紹介します。Freemake Video Converterは、MP4からAVI形式に変換することはもちろん、逆にAVIからMP4などの形式に変換すこともできます。AVI形式を再生するために特別なプレーヤーやコーデックは必要ないため、ほぼ全ての家庭用プレーヤーや車載メディアシステムでサポートされています。オンラインビデオやスマホで撮影した動画を高画質AVIに変換して、パソコンまたはテレビの大画面で楽しむことができます。日本語に対応しているので、初心者の方も安心して使用できます。
今すぐダウンロード
簡単な指示:
1. ソフトをインストールします
2. MP4ファイルを追加します
3. AVIオプションを選択します
4. 出力ビデオの設定を選択します
5. MP4をAVIに変換します

MP4をAVIに変換する方法

1

ソフトをインストールします

公式サイトからFreemake Video Converterをダウンロードしてください。インストールファイルをダブルクリックして、インストーラパッケージを実行します。表示される画面の指示に従ってください。

まず,プログラムで使用する言語を選択します。「ソフトウェア使用許諾契約書」の内容に同意していただく必要がありますので、ご注意してお読み下さい。同意する場合は、「次へ」ボタンをクリックします。次にフルまたはカスタムインストールを選択し、「次へ」をクリックしてインストールを完了します。

フリーウェアはWindows Vista、Win 7以降のバージョンで動作します。FreemakeツールはMac OSで起動できませんのでご注意ください。
2

MP4ファイルを追加します

インストール処理が完了すると、アプリケーションが自動的に起動します。このオプションの選択を解除すると、デスクトップ上のアイコンからソフトウェアを起動できます。

ウィンドウの左上隅にある「+ビデオ」ボタンを使用するか、またはドラッグアンドドロップでMP4ファイルをプログラムに追加します。ビデオクリップを1つずつ挿入したり、複数のMP4ファイルを一度に追加することができます。プログラムは保護されていないムービーのみをエンコードできます。
3

AVIオプションを選択します

編集した場合は、「OK」をクリックして変更を適用することを忘れないでください。プログラム画面の下部にある「AVI」ボタンを押すと、新しいウィンドウが表示されます。このウィンドウでは、特定のデバイスで再生するための出力ファイルのパラメータを選択できます。サムスン、ソニー、LGまたは他のテレビで再生するには、「TV quality」オプションを選択してください。元のファイルがHD画質の場合、ファイルの解像度に応じて「HD 720p」と「HD 1080p」のいずれかを選択できます。ムービーを元の画質で保存するには、「ソースと同じ」を選択します。
4

出力ビデオの設定を選択します

画質を選択したら、出力ファイルの保存先フォルダを設定します。ファイルをハードディスクに保存するか、USBメモリにエクスポートすることも可能です。元のファイルが削除されたり、置換されたりすることはありません。Freemakeソフトは新しいファイルを作成します。ディスクに十分な空き容量があることを確認してください。
5

MP4をAVIに変換します

MP4をAVIに変換するプロセスを開始するには、青色の「変換」ボタンをクリックします。Freemakeソフトを使えば大量のファイルを一度に高速で変換できます。しかし、長い映画や1GBを超える多数のビデオを変換する場合、時間がかかることがあります。

時間がない場合は、プロセスが終了するのを待つ必要はありません。変換が完了すると、プログラムはPCをシャットダウンできます。