ISOイメージを作成するフリーソフト
MP4をISOに変換『超簡単』

ISOファイル作成ができる日本語フリーソフトの紹介。MP4ビデオファイルまたはDVDからISOファイルを作成する最も簡単な方法です。ISOイメージを作成し、パソコンに安全に保管したり、外部ストレージにバックアップできます。無劣化でMP4をISOに変換します。メニューと字幕付きのMP4動画をISOに変換できます。初心者でも簡単!無料、強力、超高速!
今すぐダウンロード
簡単な指示:
1. ISO作成フリーソフトをインストール
2. MP4ファイルを追加します
3. DVDをiSOに変換オプションを選択
4. ISOパラメータを設定します
5. MP4をISOに変換します

ISOイメージを作成する方法:

1

ISO作成フリーソフトをインストール

このページからFreemakeのソフトウェアをダウンロードしてインストールしてください。フリーウェアのインストールファイルをダブルクリックして、使用条件をよくお読みください。インストールが完了したら、デスクトップアイコンをクリックして、ISO変換フリーソフトを実行します。フリーウェアは、Windows Vista、Windows 7、Windows 8、Windows 8.1、およびWindows 10のユーザー向けに設計されています。
2

MP4ファイルを追加します

MP4ファイルをソフトウェアにドラッグアンドドロップします。 または、「+ビデオ」ボタンをクリックして必要なMP4ファイルを選択し、MP4 ISO変換ソフトに追加してISOイメージを作成することもできます。

一度に複数のファイルを追加することができます。さまざまなサイズと品質のムービーからISOを作成する可能です。MP4ファイルは保護してはならないことに注意してください。

DVDからISOを作成したい場合は、プログラム画面の上部にある「+ DVD」ボタンをクリックし、ディスクの入ったドライブを選択し、VIDEO_TSフォルダを開きます。リストからVOB(.vob)ファイルを選択して、ソフトに追加します。次に、上記の手順に従ってください。
3

DVDをISOに変換オプションを選択

あなたのMP4ファイルが追加されたら、フォーマットバーのDVDをクリックします。この出力形式の横にある星印をクリックしてお気に入りに追加します。
4

ISOパラメータを設定します

新しいウィンドウで、プロジェクトに必要なパラメータを設定します。まず、ISOムービーのタイトルを入力し、メニューを選択します。テキストメニューまたは背景画像付きのメニューを選択できます。

ISOイメージを書き込むディスクの種類(標準、ミニ、またはダブルレイヤー)を選択します。

エンコーディングシステムを選択します。ヨーロッパおよびオーストラリアではPALが使用され、米国や日本ではNTSCが使用されます。
5

MP4をISOに変換します

最後に、「ISOイメージの作成」オプションと保存先フォルダを選択します。MP4ビデオからISOを作成するには、「変換する」ボタンをクリックします。MP4をISOに変換するには時間がかかるできます。

エンコーディングの速度は、コンピュータのハードウェアによって異なります。

動画ファイルをDVDに書き込みたいときは、Freemake Video Converterを使用することもできます。