WebMをMP4、MP3、AVIに変換する
「超簡単!」

シンプルかつ安全にWebM動画をMP4、MP3やAVIに変換する方法を紹介します。もしスマホやタブレットでWebMビデオを再生したいなら、パソコンでWebMファイルをMP4などの汎用性が高い形式に変換することをおすすめします。WebM動画を無劣化で AVI、MP3などへの変換も可能。WebM変換用のシンプルなフリーソフトです。初心者の方でも簡単に利用できるので、ぜひ試してみてください。日本語版があり、高速変換、しかも無料!
今すぐダウンロード
簡単な指示:
1. WebM変換フリーソフトをインストール
2. WebMファイルを追加します
3. 出力形式を指定します
4. ビデオ画質を選択します
5. WebMをMP4、MP3などに変換

WebM動画をMP4、MP3、AVIなどに変換する方法:

1

WebM変換フリーソフト
をインストール

WebMは、YouTubeに用いられるために特に作成されたビデオフォーマットです。Freemake Video Converterを使用すると、任意のWebM動画を変換してパソコンやデバイスで再生することができます。

WebM動画を変換するには、Freemake Video Converterをインストールしてください。ここからインストールファイルをダウンロードして実行します。画面上の指示に従って、インストールを行います。

動作環境:Windows Vista、Windows 7、Windows 8、Windows 8.1、Windows 10
2

WebMファイルを追加します

プログラムを実行し、「+ビデオ」ボタンをクリックしてWebMファイルを追加します。YouTubeのオンラインクリップへのリンクを追加することも可能です。これを行うには、WebM動画のリンクをコピーして、画面の上部にある「URLを貼り付ける」ボタンをクリックしてください。一度に複数の動画やリンクを追加することができます。
3

出力形式を指定します

ほとんどのプレーヤーやガジェットでサポートされているMP4形式にWebM動画を変換してみましょう。WebMからMP4に変換するには、画面下部の「MP4へ変換」オプションを選択します。WebMをMP3、AVI、WMV、MOV、FLVなどその他多くのメディアフォーマットに変換することができます。WebM動画からMP3を抽出することも可能です。
4

ビデオ画質を選択します

ムービーを再生するデバイスに応じて、動画の画質(HD 1080p、HD 720p、Mobile Qualityなど)を選択します。例えば、テレビで再生するには、「TV Quality」を選択することをお勧めします。独自のプリセットを作成するには、プラスまたは歯車のアイコンをクリックします。ビットレート、フレームレート、オーディオおよびビデオコーデックを設定します。
5

WebMをMP4、MP3などに変換

変換されたファイルを保存するフォルダを設定します。WebMからMP4にファイル拡張子を変更するには、「変換する」ボタンを押してて少し待ってください。これらのステップバイステップの手順に従うことで、MP4をMP3に変換することもできます。