無料で動画をMPEGに変換する方法

MPEG形式へ変換できるフリーソフト及びその使い方を紹介します。Freemake Video Converterをインストールして、AVIからMPEG、FLVからMPEG、DVDからMPEG、WMVからMPEG形式に変換することはもちろん、逆にMPEGからAVI、MPEGからDVD、MPEGからMP3などの形式に変換すこともできます。任意の拡張子のファイルを追加し、テレビ、スマホ、タブレットで視聴するためにMPEGに変換します。シンプル、高速、そして無料!
今すぐダウンロード
簡単な指示:
1. MPEG変換フリーソフトのインストール
2. ビデオファイルを追加します
3. MPEGボタンをクリックします
4. ビデオ品質を設定を選択します
5. 動画をMPEGに変換します

無劣化で動画をMPEGに変換するには以下の5つのステップに従ってください:

1

MPEG変換フリーソフトの
インストール

公式サイトから、Freemake Video Converterをダウンロードして、インストールします。開発者は安全なインストールを保証します。ダウンロードしたファイルをダブルクリックしてソフトウェアを起動し、インストールを開始します。インストール ウィザードの手順に従います。 インストールが完了すると、プログラムが自動的に開きます。
2

ビデオファイルを追加します

「+ビデオ」ボタンを使用してMPEGに変換したい動画を追加するか、ファイルをプログラムにドラッグアンドドロップします。ファイルを1つずつ変換したり、すべてのファイルを一度に追加することができます。

異なるフォーマットの複数のファイルをMPEGに同時に変換することは可能です。このフリーソフトは、500以上のマルチメディアフォーマットをサポートしています。
3

MPEGボタンをクリックします

プログラムウィンドウの下部にある「MPEG」ボタンをクリックします。MPEG形式をお気に入りに保存したい場合は、MPEGボタンの横にある星印をクリックします。

フォーマットバーにMPEGボタンがない場合は、ソフトの右下にある矢印をクリックすると、より多くの形式が表示されます。
4

ビデオ品質を設定を選択します

開いたウィンドウで、ドロップダウンボックスからプリセットを選択するか、「ソースと同じ」を選択します。

ビデオコーデック、フレームサイズ、フレームレート、ビットレート、fps、およびオーディオコーデックを設定して、カスタムプリセットを作成することができます。「OK」をクリックすることを忘れないでください。そうしないと、設定はビデオに適用されません。
5

動画をMPEGに変換します

「変換する」ボタンをクリックしてファイルを処理し、エンコードが終了するまで待ちます。マルチメディアプレーヤーでファイルを再生してみてください。