動画をMP3に変換するフリーソフト

動画をMP3に変換できる便利なフリーソフトを紹介します。日本語版があるので、初心者でも簡単にできます!Freemake Video Converterは、任意形式のビデオを高音質なMP3ファイルに変換できる無料のツールです。250以上のビデオフォーマットをサポートしたり、豊富な機能を提供しています。動画をMP3に変換するには、以下の簡単な手順に従って下さい。
今すぐダウンロード
簡単な指示:
1. フリーソフトをインストールします
2. 動画ファイルを追加します
3. MP3ボタンをクリックします
4. オーディオ設定を選択します
5. 動画をMP3に変換します

超簡単!動画をMP3に変換する方法

1

フリーソフトをインストールします

公式サイトから無料でFreemake Video Converterをインストールしてください。Freemakeソフトウェアは、 Windows Vista、Win 7、Win 8、Win 8.1およびWindows 10で動作します。ソフトウェアを正常に動作させるためには、ハードディスクに少なくとも 50MB の空き領域が必要です。インストールファイルを実行し、すべての手順に従います。「完了」ボタンをクリックすると、フリーソフトが起動します。
2

動画ファイルを追加します

「+ビデオ」ボタンを使用してMP3へ変換したい動画を追加するか、ファイルをプログラムにドラッグアンドドロップします。ファイルを1つずつ変換したり、すべての動画を一度にMP3に変換することができます。ビデオファイルが保護されていないことを確認してください。
3

MP3ボタンをクリックします

動画をMP3に変換するには、画面の下部にある「MP3へ変換」ボタンをクリックします。MP3のボタンをクリックすると新しいウィンドウが表示されます。動画をMP3に変換することが多い場合は、星印をクリックするとこのオプションをお気に入りに保存できます。
4

オーディオ設定を選択します

デフォルト設定を使用するか、独自のプリセットを作成することができます。カスタム設定を使用する場合は、「自分のプリセットを追加」をクリックします。表示されたウィンドウで、オーディオチャンネル(モノラルまたはステレオサウンド)、サンプルレートとビットレート(320kbps、256kbps、192kpbsなど)を選択できます。「OK」をクリックしてプリセットを保存します。

ビットレートが高いほど情報量が多くなるので、ファイルが重くなることに注意してください。
5

動画をMP3に変換します

ファイルの保存先のフォルダを選択する必要があります。動画をMP3形式に変換するには、「変換する」ボタンをクリックします。変換処理が完了するまで待ちます。メディアプレーヤーでMP3ファイルを再生してみてください。